おもちゃ・ホビー買取2019年5月16日

子供に大人気!【アンパンマン】のおもちゃ・ホビーの高額買取方法

世代を超えて愛される、子供のヒーロー「アンパンマン」。大人から見ると不思議なくらい、乳幼児を笑顔にする力を持っています。

 

とはいえ、子供はすぐに成長するもの。いつかはアンパンマンを卒業してしまいます。

そうすると残されるのはおもちゃをはじめとしたアンパンマングッズです。

子供との思い出があるし、ゴミとして捨てるのも意外と難しいおもちゃ。保育費が無料になったとはいえ育児はなにかと物入りですし、どうせならお金になればいいと思いませんか。

アンパンマンをはじめとした子供のおもちゃを買い取ってもらう方法を教えます!



1.子供に大人気のアンパンマン

 

やなせたかし先生の代表作である「アンパンマン」。絵本をはじめ、アニメ、おもちゃが多数発売されています。

その人気の秘密に迫ってみました。

 

 1-1.アンパンマンが人気の理由

 

3歳くらいまでの子供に大人気のアンパンマン。

どうしてこれほどアンパンマンが好きなのでしょうか。

 

・シンプルな造形

キャラクターの顔がシンプルなのも人気の理由でしょう。円と単純な線だけで構成されるシンプルな顔立ちが、「覚えやすさ、描きやすさなどから人気につながっている」といわれています。

 

・わかりやすいストーリー

シンプルなのは顔だけではありません。そのストーリーもシンプルです。

大半は「バイキンマンが悪さをして、それをアンパンマンがアンパンチでやっつける」「途中で顔が汚れるなどでピンチになるも、バタコさんが代わりの頭を投げてくれて元気になる」など、定型化されています。起承転結がはっきりしていて展開自体も王道。誰でも安心して見ていられる点も人気の秘訣でしょう。

 

・登場人物が「食べ物」

もちろん乳幼児がアンパンやカレーパン、丼物などを食べたことがあるとは思えません。しかし、「食べ物」であるという身近さも、キャラクターへの親しみに一役買っているといえるのではないでしょうか。

 

 1-2.アンパンマンのおもちゃは種類がたくさん

 

そんなアンパンマンですが、その人気だけにおもちゃの種類も豊富です。

お菓子のおまけの食玩や小さなシール、DSソフトなどのゲームソフト、知育玩具木製玩具キャラクターぬいぐるみ、自転車などの実にさまざまな種類があります。

子供の喜ぶ顔見たさに、成長に合わせてつい買い与えてしまった覚えもあるのではないでしょうか。



2.いらないアンパンマンのおもちゃはどうする?処分・買取方法

 

興味を失ってしまったアンパンマンのおもちゃはどうしたらいいでしょうか。

ここではアンパンマンおもちゃの処分方法を紹介します。

 

 2-1.寄付

 

おもちゃは「児童施設や海外の子供へ寄付する」という方法があります。

 

アンパンマンが好きな年齢は3歳くらいまで。いらなくなったアンパンマンのおもちゃを、児童施設に寄付したら、きっと喜んでもらえるでしょう。また、社会情勢や経済状況などが原因で、おもちゃで遊べない子供たちは世界中にたくさんいます。

そんな子供たちに夢を与えることができるのが、寄付の素晴らしいところです。

 

 2-2.ネットオークション

 

寄付は素晴らしいですが、当然お金にはなりません。

少しでもお金に変えたいとお考えなら、不用の処分先としてすっかりおなじみの「ネットオークションにかける」という手もあります。

 

あなたが価値に気づいていないだけで、実は収集品的価値のあるアイテムの可能性もあるのです。思わぬ高値で売れることもあります。

下調べをしっかりして、オークションサイトの仕組みに慣れているなら悪い手ではありません。

 

 2-3.出張買取で買い取ってもらう

 

不用品を買い取ってもらうことは、おもちゃに限らず一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

アンパンマンのおもちゃも、状態さえよければ「買取」に出すことができます。

 

とはいえ、アンパンマンに興味を失ったくらいの年頃の子供を抱える親御さんは、仕事に家事に育児にととても忙しいもの。子供から目を離さないようにしながら、たくさんのおもちゃを抱えてお店まで行くのは大変です。

 

そんなときは、メール電話一本で家まで買取に来てもらえる「出張買取」がおすすめです。



3.おすすめの買取方法は出張買取

 

不用品・中古品の買取には大きく分けて「店舗買取」「宅配買取」「出張買取」の3種類があります。

 

「店舗買取」は実際に店頭に持ち込んで買い取ってもらうという、おそらく一般的な買取のイメージです。総合的な大型店舗から小さな専門店までさまざまな店舗があります。

 

「宅配買取」は、まず箱など専用の宅配キットを買取業者に送ってもらいます。そこに売りたいものを詰めて、業者に送付。その際の送料は無料のものがほとんどです。その後に価格査定と買取をしてもらうという形式です。

 

「出張買取」は、電話一本で家までスタッフが買い取りに来るというもの。買い取ってもらいたいものを店舗に持って行く必要もありません。

宅配買取も自宅でできますが、ただでさえ傷や破損をしないように慎重に梱包するのは神経を使います。まだ子供が小さければ、落ち着いて梱包作業するのは簡単なことではありません。

 

買取方法によってメリットとデメリットはありますが、自宅で買い取ってもらえる「出張買取」がおすすめです。最も簡単で便利な買取方法といえるでしょう。




4.迷ったら「買いクル」に依頼すれば間違いなし!

 

「出張買取に決めた!」といっても、どの買取業者がいいのでしょうか。時間をかけて口コミ見積もりなどの情報を比較検討…とは、なかなかいきませんよね。

 

そんなときは、「買いクル」をご利用ください。買いクルは安心・安全の買取業者です。

 

 4-1.無料出張買取

 

出張買取と聞いて、「出張に費用が掛かるんじゃないの?」と思う人はとても多いはず。ですが、買いクルの出張買取は無料です!仮に査定価格が折り合わず、取引が流れたとしても、出張費の請求は一切ありません。安心してご利用いただけます。

 

 4-2.スピード査定

 

専門知識を身に着けた買取スタッフが直接品物を見て査定するので、査定のスピードはかなりのものです。

アイテム数にもよりますが、その日のうちに査定を終えて取引に移れます。買取もその場でしてくれるため、現金化が早いのも魅力です。

あらかじめLINEで商品の写真を送って画像での査定依頼をしておくと、なおスピーディです。

 

 4-3.同時にいろいろな物を買い取ってもらえる

 

買いクルではおもちゃやホビー品以外にも、家具家電、本、ブランド品から車まで、実に幅広く買い取りをしています。

「おもちゃ以外にも買い取ってもらいたい」「ついでにこれも処分しておきたいな」というご要望もお任せください。



5.少しでも高値で買取ってもらう方法

 

せっかく買い取ってもらうなら、少しでも高値で買取ってもらいましょう。

ここでは、高値で買取ってもらうポイントを紹介します。

 

 5-1.付属品も一緒に買い取ってもらう

 

説明書や外箱、梱包材(おもちゃを箱に固定する発泡スチロール)などが揃っていればそれだけで高い値が付く可能性は高くなります。

これは買い取った後誰かほしい人に売ることを考えれば、理由は簡単に想像がつくでしょう。商品がただビニール袋に入っているより、きちんと正規の箱に説明書と一緒に納まっていた方が印象が良いのは当然ですよね。

 

 5-2.綺麗に掃除しておく

 

買い取られた商品は、当然業者側でも一度クリーニングします。だからといって「汚れたまんまでいい」というわけではありません。

 

清掃の手数料分買取価格が下がるのはもちろん、「大事にされていないものならどこかに気づかないような傷があるかも知れない」と思われることも。

買取業者から見れば、売り手のあなたはいわば「仕入れ先」。あなたが業者を信用したいように、業者もあなたを信用して取引したいのです。見せられる誠意は見せておきましょう。



子供が大きくなったらおもちゃは買い取ってもらおう

 

おもちゃをはじめ子供用品というものは、必要な時期にはできるだけ与えたいものですが、その時期は非常に限られるものです。

遊ばなくなったおもちゃはただ積み上げておくよりも、買取業者をうまく使って買い取ってもらいましょう。

おすすめの買取業者は「買いクル」です。無料の出張買取にも対応しているので、料金も安心。買取品目は豊富なので、おもちゃ以外のものも買い取ってもらうことができます。



まとめ

・アンパンマンは乳幼児に大人気のキャラクター

・たくさんのアンパンマングッズが発売されている

・いらなくなったおもちゃは処分ではなく、出張買取で買い取ってもらうのがおすすめ

・箱などの付属品をそろえ、きれいに掃除して送りだせば買取金額もアップ!

 

・買取業者に迷ったら、「買いクル」を試してみるのがおすすめ!

 

0120905163
0120-90-5163